その創作物は鑑賞に堪え得るか?

僕は折り紙制作を始めて40年以上になります。その過程で二度、激しい嫉妬と羨望、そして到底及ばないという絶望を感じました。

最初は、ビバオリガミで前川淳さんの作品を知ったとき、二度目は「天才たけしの誰でもピカソ」という番組で紹介された最前線の折り紙作品群を見た時です。

それはそれは、非常に大きな衝撃でした。もうすっかりやる気をなくしてしまいました。その後、何とか再生を果たし自分なりの創作をしていましたが、あの綺羅星の如く輝く作品に比べると、なんとも見劣りがするものでした。

そして何年もかかって、悩みに悩んだ末、複数折りを始めたのです。紙を複数枚、しかも長方形を用いるということは、「長い手足」や「紙の重なりの少ないスッキリ感」を得ることができます。その反面、作品の完成度を非常に高めねなければ、やる意味がありません。これまでその方針で数作品制作しましたが、ある程度成功したとは思っています。

しかし、ここ最近多くの作家さんの作品をフリッカーなどで知り、それと比較して、果たして自分の作品は鑑賞に堪えるのか?見応えを感じるか?・・・と、感じています。

推敲を重ね、妥協せず、もっともっと完成度を高める必要があります。他者を凌ごうということではありません。自分の表現の限界、果てを追求したいのです。また「見応え」ということを考えた時、作品はある程度大きくなければならないと思っています。

現在制作中の「グリムリーパー」は、上記のような意味で、現時点での集大成にしたいと思っています。

 

その創作物は鑑賞に堪え得るか?」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。
    私のブログへのコメントはして頂いているのに
    こちらへなかなかご訪問できずに申し訳ありません・・・。

    この記事のお話,それこそ以前お話されていた
    「ゴーイングマイウェイ」でよいのではないでしょうか^^
    その時の橋間さんのお話に,私はすっごく共感しましたよ~。
    (私なんかがいうのもおこがましいですけど)

    • NOCCHOさん コメントありがとうございます。
      あまり お気になさらず、気が向いたら来てくださいね。
      そうですね! 「強引G マイウェイ」ですね(笑)
      ありがとうございます。 がんばるぞ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です