今後の方針

いまロボットの連作を作っています。

その後は・・・・フードの人物の連作「グリムリーパー」「クリムゾンキング」「黄衣の王」「フランチェスコ修道士」など

「ドラゴンと女魔導士」、「スケアクロウ(バットマンとは関係なし)」 などなど・・・・・

作りたいものが次から次に出てきて、何から取り掛かるかはわかりません。

 

10月14日の書き込み

このブログの5月12日の記事でティーバッグ折り紙のNOCCHOさんの作品について述べました。

その際、NOCCHOさんの作品集が出ないかなあ・・・なんて書いたのですが、ついに出るのです!

山口真さんとの共著でPHP研究所から10月19日頃に書店に並ぶそうです(25作品掲載、1296円)

img_0_thumb

氏の作風、方針は僕とは表面的のは全く違うように見えますが、共感を覚えることが多くあります。

また、懇意にもさせていただいていますのでとてもうれしいです。

もう 楽しみで、楽しみで・・・・

・・・・・という書き込みをしたのですが、ここに迷惑メールがたくさん来るので 削除いたします。

「ご紹介頂きまして大変恐縮です。ありがとうございます!
こういう形で自分自身の作品が発表される日が来るとは・・・。
実際に製本されたものを手にすると,嬉しいものですね。」というコメントをNOCCHOさんさんより頂きました。

本は発売3日後に購入しました。

とても楽しい作品ばかりです。

穢れし者どもについて

作品を作りたかったか、文章を作りたかったかというと・・・・どちらかというと、実は文章です。

随分、長い文章になってしまいました。完全なオリジナルな話ではなく、ラブクラフト的にするため、設定やキャラクターはクトゥルフ神話群からの借り物です。僕なりのスピンオフをしたかったのです。文体も大仰な時代がかった読みづらい感じにしたつもりですが、どうだったでしょうか?

黒いねじくれた異形の生き物は まあまあうまくできたかな・・・なんて手前味噌に思ったりしています。

作品の仕上げは結構苦労しました。タールでおおわれたようなツヤを出したかったのでラッカースプレーで塗装することは決めていたのですが、そのままで吹き付けると紙の毛羽が目立ってしまいツヤが出ませんでした。また足がふにゃふにゃで立たすことも出来ません。そこでまず、木工用ボンドとアクリルガッシュの黒を混ぜ、同量の水で溶いたものをまんべんなく塗り付けて、乾燥させました。それからスプレー塗装したのです。いい感じにぬらぬらてかてかになりました。

PC080093