僕の大好きな折り紙作品⑤

北條高史さんの仏像2012年版「如如トシテ来リシ者」

1996年に発表された「仏像」の改良版として創作された作品ですが、前作も凄いのですが・・・なんというか前作は仏陀を形作った彫刻を作品としたもの、2012年版は仏陀という仏そのものを形作ったという感じを受けました。 いまにも動き出しそうな印象を受けます。台座の蓮の花びらさえユラユラと天空の薫風に揺らぎそうです。

その印象の源となっているのは、氏が改良された写実性の効果であろうと思います。

この作品を、じっくり見ると 顔の両側に細かい折り筋が幾重にもあります。如来とは悟りを開き、衆々をいつ何時でも救済することのできる存在です。釈迦は如来ですが、菩薩だった時期もありました(入滅以前の釈迦を釈迦菩薩として像を作ったりされたことがあります)。また記憶が定かではないのですが、顔が割れて中から仏の性が生まれる瞬間を写し取った仏像があったように思います。

氏の「如如トシテ来リシ者」はまさにその瞬間を写し取ったものではないか? あの顔の折り筋は如来への変化を表現したものではないか?

・・・・・・なんて考えたりしてしまいます。

すとんと蓮台に鎮座し、ほっそりとした仏のたたずまいは、悟りを開き煩悩の消えた真の姿の表現を目指されたのかもしれません。

僕は飛鳥寺の面長痩身の仏像を、想像しました。

この作品は折り紙による表現の一つの到達点であろうと僕は思います。

とにかく、すごい! 北條さん凄いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です