紙の揉み手順

僕は、揉みをよく用います。クラフト紙は丈夫でかなり揉んでもなかなか破れません。よく揉むと布のような質感に変化していきます。

その過程を、ご覧下さい。

P5230003これはまだ何もしていない状態

P5230004適当に団子状に丸め、開いた状態。紙に多角形状のしわが付いています。これを小さくしていくのが目的。

P5230005P5230006縦に紙を棒状にまとめ、ねじり、広げる。横も同様。また対角線上でも同じ作業を行います。

P5230008上記の作業のねじり方向を逆にして繰り返します。そしてこの一連の作業をもう一度行うと写真のようになります。

かなりしわの目が細かくなっているのがわかりますでしょうか。ここまで来るとかなり布の質感に近くなります。ラフィニールのボトムはこのあたりの状態で使用しています。獄卒の服はここからさらに、破れるまで揉んで水につけたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です