制作のための資料

作品を作る際に用いた資料を紹介します。

動物大百科全集 平凡社(さまざまな動物の形、品種、生態の参考にします。もちろんネット検索も)

ヒシアマゾン~女傑から名牝へ 宝島社(ケンタウロスの下半身の参考にした競走馬の写真集)

マックスフィールド パリッシュ PARCO出版(作品のポーズなどの参考に)

ノーマン ロックウェル PARCO出版(作品のポーズなどの参考に)

ミュシャ作品集 東京美術(同上)

ヌード.ポーズ.コレクション 視覚デザイン研究所(同上)

メールヌード.ポーズ.コレクション 視覚デザイン研究所(同上)

幻獣辞典 晶文社(ファンタジックな生物の設定、生態の参考に)

動物シンボル辞典 大修館書店(ファンタジックな生物の設定、生態の参考に)

その他、北欧、ローマ、ギリシャ神話の数多くの書籍

ペンで描く~スケッチから細密描写まで マール社(スケッチを描くために)

太平洋.アフリカ.アメリカ メトロポリタン美術館全集新装版12 福武書店(作品のプロポーションなどの参考に)

等々・・・・折り紙の書籍を実はほとんど持っていません。この中で動物シンボル辞典は手放せない資料です。

空想上の生物の数々の種類、それが誕生したいきさつなど、細かに記載されています。近所の古書店で格安でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です