大好きな折り紙作品①

小松英夫さんの馬! これはすごいと思いました。蹄もたてがみもないのですが、これ以上ないというぐらい余分な折り線、折り筋をそぎ落としてあります。全体のバランスがまた素晴らしいのです。首の角度、背中から臀部にかけてのカーブに羨望を感じます。もし、馬をモチーフに銅像を作るなら、この形がふさわしい。具象とシンボリックのバランス、研ぎ澄まされたデザイン。折り紙で芸術作品と問われればまず小松さんの馬を思い浮かべます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です